これであなたもカードローンマスター!?(上級編)

ブラックリストに載ってしまうのはどんな場合??

ブラックリストとは、
個人信用情報やカードローンやクレジットカードの返済に関わる金融事故が信用情報機関に記載されることを、
ブラックリストに載るといいます。


要するに、ブラックは融資するにはふさわしくない人。と判断されることです。


ブラックリストに載ってしまうのは、どんな場合なんでしょうか?


申し込みブラック


申し込みブラックとは、短期間で複数のカードローンなどに申し込みをすることです。


申し込むだけで、なぜブラックと呼ばれてしまうのか?


カードローンなどの申し込みの際には、必ず審査があります。
審査時に、個人信用情報機関で信用情報を照会し融資しても大丈夫と判断されれば審査が通ります。


信用情報には、借入履歴や他社との契約状況も載っているので、
短期間に3社以上に申込みをしている=多重債務者の可能性が高いと判断され、申込みブラックとなり審査には通らなくなります。


申込みブラックにならないためには、複数社に立て続けに申し込むのではなく半年くらい期間をあけて申し込むこと。


契約に関わらず、審査を受けるだけでも信用情報には載ってしまうので、むやみに申し込むことは避けないといけません。




金融事故歴(ブラックリスト)


もう一つは、過去に返済を何回も滞ったり債務整理をした人です。
カードローン会社にとっては、最も避けたいところです。


長期延滞や自己破産・代位弁済・債務整理などの経験がある場合は、すぐには新規での契約はかなり難しいようです。


返済遅延の場合、半年間は信用情報に記載されます


最期に遅延してから半年間は、カードローンやクレジットカードの新規申込みは審査が通らない可能性が高いです。
半年経過すれば、信用情報の記載がなくなるので、新規の申込みも可能になります。

金融事故歴がある場合は、新たにカードローンは申し込めません。


債務整理などを行ってから5年から7年は、信用情報の記載が残っているので利用することもできませんが、
記載がなくなり、ちゃんと定職に就いていれば再度利用することができるようになります。





←前の記事『新たにカードを作らなくても、お金が借りられる!?』





関連記事
カードローンの審査は厳しい?複数の会社で借入していても新たに申し込めるの??
むずかしい金融用語 シンプルにまとめてみました☆
複数の会社に同時申し込みするのは危険!?審査落ちの可能性も!!





>>キャッシングおすすめランキングはこちら<<

初めてのカードローン(入門編)

 

カードローンの賢い利用方法(中級編)

 

これであなたもカードローンマスター!?(上級編)

 

カードローン取り扱い会社 一覧

 

http://www.mj-net-popular.com/