カードローンの賢い利用方法(中級編)

手数料も積もれば山となる!?小銭も大事なお金です。

カードローンを利用するうえで、手数料がかかる時があります。


銀行もATMでもそうですが現金の入金や出金にATM手数料がかかることがあります。
さらには、土・日・祝日には時間外手数料もかかり、小銭を結構無駄にしていることがあります。


カードローンの手数料には、ATM手数料・時間外手数料・借入手数料があり、
他にも、振込で返済すると振込手数料がかかってきます。


便利なATMにも落とし穴


金利よりも手数料の方が高くなっていることがあるんです


たとえば、金利15%のところで1万円を30日間借りたとします。
10000円(借入金額)×0.15(金利15%)÷365日×30日(借入期間)=123.2円の利子がかかります。
ATM手数料のかかるATMを利用した場合、借りる時に105円・返済時に105円、合計210円かかることを考えると
金利の123円よりも、ATM手数料の方が高くなってしまいます。


10000円を金利15%で30日間借りると、約40%の金利(333円の利子)を支払っているようなものです。

もったいなくないですか??


各社、自社のATMは手数料無料がほとんどです。
しかし、提携ATMとして24時間利用できるコンビニATMは意外とATM利用手数料や時間外手数料がかかることがあります。

会社によっては、全国の提携コンビニATMでの利用手数料が0円のところもあるので、無駄な出費なくし上手に利用することにつながります。


小銭を少しずつ使っていくと結構大きな金額になるものです。
手数料も、ほんの105円と思わずなるべく手数料のかからない場所や時間を把握して利用したいものです。



←前の記事『使う前に知っておきたい!カードローンのメリット・デメリット』


関連記事
カードローン取り扱い会社 一覧



>>キャッシングおすすめランキングはこちら<<

初めてのカードローン(入門編)

 

カードローンの賢い利用方法(中級編)

 

これであなたもカードローンマスター!?(上級編)

 

カードローン取り扱い会社 一覧

 

http://www.mj-net-popular.com/