初めてのカードローン(入門編)

最近よく聞くけど総量規制って??

総量規制って最近よく聞く言葉ですが、どういう意味なんでしょう?

総量規制とは、「改正貸金業法」により施行された個人の借入総額が年収の1/3までに制限される仕組みのことです。


貸金業法の改正は、消費者金融やクレジットカードによるキャッシングなどで多重債務者の増加が社会問題となり改正され、
50万円を超える他社の利用がある場合や100万円以上の貸し付けには収入証明書類が必要になりました。


総量規制の対象


年収の1/3に制限される総量規制の対象となるのは、
貸金業で規制される信販・クレジット系カードローンと消費者金融系カードローンの借入総額


都市銀行・地方銀行・信金・労金・農協など銀行法に基づいて貸付を行っている金融機関は総量規制の対象にはなりません。
ですから、消費者金融とクレジットの合計が年収の1/3を超えていても、
総量規制対象外の銀行カードローンであれば、また新たに借りることが可能なんです。


銀行カードローンの保証会社に消費者金融会社の名前を目にします。
しかし、銀行がお金を貸してくれるので銀行カードローンは総量対象外


分かりにくいのが、銀行系カードローンといわれるもの。
パッと見、銀行かと思いがちですよね??


でも、銀行の子会社となっている消費者金融会社の発行するカードローンも銀行系と表現していることもあります
こちらは、消費者金融会社がお金を貸すので総量規制の対象です。

紛らわしいので、注意が必要です!



←前の記事『学生や主婦でも利用できるカードローン』





関連記事
銀行系カードローン・信販系カードローン・消費者金融系カードローン それぞれの特長と違いについて
使う前に知っておきたい!カードローンのメリット・デメリット
複数のローンを一本化!賢くスマートに返済
カードローンに関わる法律。貸金業法を知り安心・安全な借入れを!!
カードローン取り扱い会社 一覧






>>キャッシングおすすめランキングはこちら<<

初めてのカードローン(入門編)

 

カードローンの賢い利用方法(中級編)

 

これであなたもカードローンマスター!?(上級編)

 

カードローン取り扱い会社 一覧

 

http://www.mj-net-popular.com/