初めてのカードローン(入門編)

そもそもカードローンって何なんだろ??

カードローンいう言葉をよく耳にしますが、カードローンとは一体何なんでしょうか??


簡単に言うと、銀行や消費者金融などからあらかじめ決められた金額の範囲内でカードを使って現金を貸し出す金融商品
ほとんどのものが、個人向けの無担保融資で目的・用途も自由です。


担保がなくてもお金が借りられるので個人の信用が大きく関わるローン
年齢や年収によって融資金額に大きな差がでます。

しかし、限度額10万円のカードローンなどもあり、
学生や主婦などパートやアルバイトでも定職についていれば、カードローンを申し込むことが可能です。
(☆詳しくは「学生や主婦でも利用できるカードローン」へ)


カードローンの特長は、申し込み後審査が通り、カードが手元に届けば、
利用限度額内なら何度でも借りたり返したりが繰り返しできることが大きな特長といえます。


カードローンの利用目的は様々


基本的にカードを使ってお金を借りたり返したりしますが、
最近のカードローンはカードを使わなくても、ネットや電話での振込融資できるサービスがあり、
実際カードローンというより、フリーローンに近いものが存在しています。


住宅ローンの優遇金利を利用するために、銀行でカードローンを作る人や、
万が一の時のことを考えてあらかじめ作っておく人もいるようです。


利用しなければ、もちろん返済は発生しないので
もしも!の為に1枚作っておくと安心かもしれませんね。


ちなみに、ローンカードとは現金を借りるために作られたカードのことを言います。


カードローンにも種類があり、銀行の金融商品の銀行系カードローンや、
クレジットカードに付帯している信販系カードローン消費者金融系カードローンなど
色々な種類のカードがあるので、金利や返済方法など自分に合ったカードを選ぶことが大切です。

(☆銀行系カードローン・信販系カードローン・消費者金融系カードローン それぞれの特長と違いについて


カードローンとキャッシングは同じじゃないの?その違いは??


カードローンとキャッシングの違いって知ってますか?
カードローンもキャッシングも同じと思っている人がほとんどだと思います。


言葉の意味としては、
カードローン(card loan)=銀行や貸金業者が発行するカードを利用するローン(融資)のこと
キャッシング(cashing)=融資のこと

どちらも、お金を借りることを意味していますので、基本的に意味合いは同じです。


異なる点は借り方や返し方


キャッシングは、短期で借りる小口融資のことで、返済方法も翌月一括払いが基本

金利も返済方法が一括払いなので、カードローンよりも高めに設定されていることが多くリボ払いには適しません。
メジャーなキャッシングといえば、クレジットカードに付帯しているキャッシング機能。
利用限度額もショッピング枠内というのがほとんどで、カードローンと比べると利用限度額は低めです。


カードローンキャッシングと比べて利用限度額が高いこと。小口融資から何百万の大口融資ま幅広くあります。
返済方法はリボルビング払いなどの分割払いが基本です。


長期返済を前提にしているので、金利の設定もキャッシングよりは比較的低い設定になっています。
審査が厳しいのも、カードローンです。
金利が安いので、確実に返せる人を選んで融資しますので必然的に審査は厳しくなります。


カードローンとキャッシングには大きな違いがありますが、
最近は小口融資のカードローンやリボ払いできるキャッシングなど多種多様になっていて、
カードローンとキャッシングの線引きが曖昧になりつつあります。


ですから、カードローン・キャッシングという名称にとらわれず、
利用の際には金利や返済方法などの確認を行ってから利用することをオススメします。


関連記事
銀行系カードローン・信販系カードローン・消費者金融系カードローン それぞれの特長と違いについて
むずかしい金融用語 シンプルにまとめてみました☆
カードローン取り扱い会社 一覧




>>キャッシングおすすめランキングはこちら<<

初めてのカードローン(入門編)

 

カードローンの賢い利用方法(中級編)

 

これであなたもカードローンマスター!?(上級編)

 

カードローン取り扱い会社 一覧

 

http://www.mj-net-popular.com/